お薦め

収穫には約10年間が必要

マカは、別名アンデス人参と言われている程、栄養価の高い植物です。
また、マカは冷え性にも有効的なので女性に注目されています。

他の野菜がまったく育たないほどの高度の高いところで育ち、
しかも凍結・強風・集中的な日照りといった極端な天候状態でも耐えられるとても生命力の強い赤、黄、黒マカと種類がある植物です。

一度マカを栽培した土地はその後10年以上不毛な土地になるというほど大地から栄養を吸収しつくしてしまいます。
そのため希少価値があり、生命力と栄養が凝縮されているマカは、
古くはインカ帝国の時代から大変貴重なものであり、特権階級のみが食べることができた高級食材でした。

マカの栽培方法は、過酷な自然環境の大地にタネをまき、その後は雨の降るのを待つという自然農法です。
雑草も病害虫もいないので、このようなやり方ができるのです。
マカは霜やひょうなどの冷害、干ばつといった悪条件の中で、
自ら生き延びるために土壌の養分(ミネラル・亜鉛等)を蓄え、生命力豊かに育っていきます。

原産地では、マカは10月~11月に種をまきます。
種をまいてから約8~9ヵ月後にマカの根が大きく育ち、翌年の6月~7月に収穫します。
収穫した後は、まず15日間シートの上で天日干しされ、
夜露に濡れないように夜はシートが被せられます。

この間にマカを選別します。
品質の劣化したマカは羊やアルパカなどの家畜の餌になり、
良質のマカは葉の部分を取り除きます。
選別されたマカは約二週間シートで天日干しされた後、2~3か月天日干しされます。

その後、加工工場で選別され、殺菌、洗浄されて、それから加工されます。
マカは、最初小さくカットされ、熱乾燥された後に微粉末化されます。

マカは、いったん種をまけば1年以内に収穫できるのですが、
一度栽培すると大地を不毛にしてしまうため、その間は羊などの家畜を放し飼いし、
約10年もの間土壌を休ませ、堆肥で十分土地がなじんだところで、
やっと栽培を再開することができます。
ですので、収穫には実質10年がかかるといわれています。

そのため現在でもマカは、非常に希少価値のある食材なのです。
そんなマカの人気の摂取方法はサプリメントタイプで摂る方法です。
サプリメントタイプは一日数粒飲むだけでいいのでとても手軽ですし続けやすいです。
毎日飲むことを習慣づけていきましょう。
また、マカの体験談も参考に是非ご覧ください。