お薦め

アンデスの大地のちからを秘めた,活力の宝庫「マカ」

みなさんはマカの原産地をご存知kですか?
マカはアンデス山脈の、他のどんな植物も育たない、
とても厳しい自然環境で、栽培されています。

標高が4,000mを超えるため酸素濃度が低く、
赤道直下のため日中は強い直射日光にさらされ、
夜は零下10℃まで気温が下がり、日中との温度差が20℃を超えるような地域です。

そしてまた、南米最大の金鉱山であるヤナコチャ鉱山があり、
アンデス山脈には金の他に銀、銅、亜鉛、鉛など沢山の鉱山があります。
すなわち、アンデス山脈は亜鉛やミネラルをタップリと含んだ土地であり、
この大地からの栄養を吸収して育つマカにも、これらの栄養が豊富に含まれているのです。

マカはほかにも、大量の必須アミノ酸・活性物質・ビタミン・ミネラルや、
果糖類、プロテイン、スターチ、ヨード等の必須栄養素も多く含み、
炭水化物、プロテイン、食物繊維、脂肪なども含んでいます。
また、ジャガイモの倍以上の鉄分とカルシウムも含んでおり、こうして数え上げるときりがないほどの、
さまざまな栄養を豊富に含んでいるので、「完全食品」とも言われています。

マカがこのように栄養豊富なのは、栽培されている土地からの、栄養の吸収の強力さにあります。
一度マカを栽培した土地は、その後約5~6年もの間不毛の地となってしまうほどに、
栄養が吸収されてしまうのです。
ですので、 栽培後は羊やアルパカなどの家畜を放ち、家畜の堆肥が充分に馴染むまで土地を休ませます。

この習性は、朝鮮半島で栽培される「高麗人参(朝鮮人参)」とそっくり同じです。
ですので、マカは「ペルーの朝鮮人参」とも呼ばれ、高い栄養価を競っています。

マカは、さまざまな栄養素が凝縮されて詰めこまれている「天然の栄養ドリンク」ということができます。
実はこの豊富な栄養素は、アメリカのNASA(米航空宇宙局)で、
宇宙飛行士の食料として採用されているそうです。
同局によると、マカなら常に体調を保持し、
頭脳をクリアな状態に維持し、最上の反射能力を保つことができるとのことです。

マカはまさに、NASAも認めた「活力の宝庫」なのですね。
他サプリの相性をマカの視点で分析した記事についても参考にご覧ください。