お薦め

マカを育む厳しい環境

マカは、古くはインカ帝国の時代から、
特権階級のみが食べることができた高級食材として栽培されていました。
こちらのマカの効果や効能について等知っておきたい情報が掲載されているサイトも是非ご覧ください。

生命力と栄養が凝縮されているマカの栽培地・アンデス山脈は、
強烈な紫外線にさらされる酸性土壌の土地であり、
また昼夜の温暖差が激しく酸素濃度は低く、非常に過酷な環境です。
しかし、その土壌には亜鉛やミネラルといった栄養が豊富に含まれているのです。

この大地からの栄養を吸収して育つマカには栄養が豊富に含まれています。
マカが栽培されているアンデス山脈の頂(背)のボンボン高原は、窪んだ部分にあって、
首都リマから東へ約200km、ペルーのほぼ中央で所に位置します。

ボンボン高原は広さは約80,000ヘクタールあり、フニン県とパスコ県にまたがっています。
標高が4,000mを超えるため酸素が乏しく、日中は強い直射日光にさらされる地域で、
赤道直下であるにもかかわらず、夜は零下10℃まで気温が下がり、日中との温度差が20℃を超えます。
他のどんな植物も育たないとても厳しい自然環境なのですが、マカにはこのような環境が適しているのです。

ペルーには南米最大の金鉱山であるヤナコチャ鉱山があり、
アンデス山脈には金の他に銀、銅、亜鉛、鉛など沢山の鉱山があります。
すなわち、アンデス山脈はミネラルをタップリと含んだ土地であり、
この大地からの栄養を吸収して育つマカには栄養が豊富に含まれているのです。

ボンボン高原の東側の丘陵地で、
出来るだけ高地(標高4,200m以上)の岩や石がない土地を選んでマカは栽培されています。
10月から11月にかけて種を蒔き、約9ヶ月で成長し、翌年の6月から7月に収穫されます。

また、一度マカを栽培した土地はその後10年以上不毛な土地になってしまうほど栄養を吸収してしまうため、
栽培後は羊やアルパカなどの家畜を放ち、家畜の堆肥が充分に馴染むまで土地を休ませます。
健康食品として人気の高いマカの摂取方法はこちらをご覧ください。